MONTH

2021年6月

投資について考える

投資をするってどういう思考回路なのか? 投資はギャンブル? 投資は資産? 金持ち父さん・貧乏父さんこの話知ってますか? 投資系のマルチ商法やそのほかマルチ商法のマインドコントロールをさせやすいなんてことで、マルチ商法のセミナーなどに参加すると、パイプラインのブルーノとパブロの話の動画とセットで見せられたりします。これは大昔に流行ったアムウエイのセミナーなどに参加すると間違いなく見せられる動画です。 […]

PayPay証券の紹介

PayPay証券は1,000円から少額で株を購入できます。 慣れてきたら様子を見ながら投資金額を増やしたりと、 カンタンに株式投資を始められるサービスです。投資の基礎知識を漫画で学習できます。 特定口座・税金・確定申告といった株式投資に必要となる知識を 漫画で分かりやすく理解しながら身に着けられます。

LINE証券の登録方法・4株もらえる!

あのLINEから証券口座開設が可能になっています。 さらに現金で4000円プレゼントされます。そこからぜろ円投資するのもよし、現金にて出金するのもよしとされています。 メリット:スマホで簡単投資、100円単位から購入可能なミニ株機能がある、タイムセールという他の証券会社にはない少し安く買える時期がある。最短翌日から購入できる。 デメリット:投資信託本数が少ない、NISA・積立NISA口座がない、最 […]

証券会社比較

証券口座を開設 いざ株式投資をしようと思ってもどこで口座開設するのがいいのだろうか?分かりにくいですよねそこで比較をしていきましょう。デメリット・メリットがそれぞれありますので何件か口座開設しておくことをお勧めします。口座開設をしてみて使ってみてより自分好みの口座でトライする方がいいですし、証券会社によって取扱していない銘柄もありますので、口座数が多いと優位になります。   私自身、現在口座開設し […]

クワドラント

クワドラント 一度は聞いたことはあるだろうか?「金持ち父さん・貧乏父さん」の話を知ってる人は見たことある図だと思う。 このブログを見ている人はこの丸で囲った部分以外の人たちだと思います。 投資とは? 投資とはギャンブル?それとも資産?という話題にもなるだろう。しかしこの答えは投資は資産になるが正解だとブログ主は思います。 理由 株式投資。不動産投資などであれば投資は資産、自己投資なんかも資産になる […]

安心して投資を始めるには

いざ!投資家の世界へ 投資をいざ始めようと思っても、リスクはつきものそこで、安心して投資をするにはどうしたらいいのだろうか?今回のテーマは投資をするにあたっていかにリスク軽減をしていけばいいのか?安心して始めるにはどうしたらいいのだろうか?というテーマに少し触れていきます。 投資をするにあたって投資家の人たちはコツを知っている 長期・積立・分散とあり、投資をするコツというか当たり前の話になってしま […]

投資の初心者への第一歩

株式投資をするにあたって 今更聞けない税金だったり疑問に思うことあると思います。投資家の世界では当たり前に認知されてることでも、投資初心者の人にしてみたら、わからないことだらけですよね。そんなふと思えばこれどうなんだろう?ということをまとめておきます。 税金 配当金と売却益による収入は全て税金が発生すると覚えておいてください。 配当金:配当所得として税率20.315%が課税されますが、源泉徴収のみ […]

株式投資のメリット・デメリット

メリット・デメリット メリット ・ビジネスオーナーになれる ・投資家とも呼ばれ、働かないでも資産を増やせる ・情報が手に入りやすい デメリット ・リスクがある ・毎月いくら?と決まって収入が増えるわけではないからブレがある ・平日しか取引できない メリット ビジネスオーナーになれる 持ち株が、上場企業であれば、20%~30%保有していれば企業を乗っ取ることも可能と言われていて、それ以上少なくてもオ […]

株式投資っていくらから?

投資したいけどいくらくらい必要なんだろうか? その答えは、買いたい企業の購入時の株価によって変動します。株主優待権が欲しい、株価に対する配当金が欲しいという方は基本的には数百万円が必要になってきます。そうでない方は数万円〜数十万円でも可能になります。 取引区分 基本的には、株式投資とは信用取引と現物取引と二つ存在します。 信用取引 信用取引とは、証券会社からお金や株券を借りて売買を行うもので手持ち […]

株主優待券

株主優待券今更恥ずかしくて人に聞けない 今更聞けない、株主優待券ってどんなもの?まだ貰ったことないんだけど・・・ まずもらう条件 最低100株もっていないとどんな企業であってももらうことができません。100株からしか購入できませんが、例外として、150株持っていたが、100株売ってしまった・・・などという場合になります。 会社規定 多くの企業の規定が100株〜1000株未満の保有者には〇〇円相当の […]