投資の種類

ここでは、自己投資や自己啓発系は除外します。

種類

投資と一概にいっても色々あります。そして種類によって学んでいくスタイルが変わっていきますね。
よくある投資話で誰かに相談される方は多いと思いますが、その多くの人が失敗してます。

銀行が取り扱わない投資

FX・為替投資・上場投資信託・仮想通貨投資・草コイン投資・株式投資・不動産投資・GOLD

銀行が取り扱う投資 

外貨預金・国債・投資信託・不動産投資信託

などでしょうかね?パッと思いついたものを書き出してみました。

投資じゃないのに一部の人が投資と言われるもの

次にギャンブルに近い投資がBO、いわゆるバイナリーオプションだったり、HiGH&LOW だったりですね、FXも素人目線ではギャンブルの部類に入ります。

注意喚起

最近多いのがSNSで投資話を持ちかけられることです、その多くがギャンブに近い投資が多いというのが共通点です。なぜギャンブルかというと競輪・競艇・馬など公営ギャンブルでもやり方などコンサルして勝率7割などと嘘の情報から投資話を持ちかけられこと。
そのほかFXなどの自動ツールを紹介される。またBOですごく早く誰でも簡単に稼げる配信がある。
オンラインカジノでのバカラベッティング攻略法、またはバカラ配信で勝てる方がわかるからそれをただ単にかければ誰でも儲かりますみたいな誘い。

こんな嘘みたいな話ばかりSNSでは転がっています。先日も元アイドルがBOを使った詐欺案件で検挙されてましたよね・・・

本当にSNSに出てくる副業系・投資系は詐欺が多いので気をつけましょう。
また副業系の動画などをみていると、YouTubeに流れてくる副業系の広告が入ると思います。
あれの99%が詐欺です。ユーチューブ広告=詐欺案件と思ってもいいでしょう。

種類の説明

ここでは銀行では取り扱っていない投資について説明文を入れておきます。銀行で取り扱う投資は一般的ですし、わからない方はお調べください。
ふれない理由は、利率が非常に低く、1億円資産運用回せますという人であれば利益に期待できるでしょう。しかし、現実的ではありませんので説明を省きます。

また一つ一つ書くとすごく長くなりますのである程度簡潔に書きます。より詳しく知りたい方は個別で調べるとたくさん出てきます。

FX・為替投資

初心者にはお勧めできない投資です。FXという言葉を耳にしたことはあると思います。
略式名称は『Foreign Exchange』になります、知ってる人はあまり多くないと思います。
外貨を売買してその差益を得る投資手法です。
またレバレッジが使えますので、手持ちの資金の25倍まで使うことができ、ロスカットなど設定しておけば借金まみれになる心配も現在はなくなりましたが、資金が一瞬で溶けることは多く、素人や資金力のない人がやる投資ではないと言えるでしょう。
個人的なイメージではハイリスクローリターンです。
近年では無料EAや有料での自動売買による儲けが出るとSNSでもお誘いなどがありますが、決して甘くはありません。余程儲かるものであればSNSでは出回ることはありませんよね?
自動売買の落とし穴として多いのが、やり始めて数日、数ヶ月はうまくいくものが多いですが、その先もうまくいくとは限りませんし、資金力がないと、+になっているときはいいですがコケ始めると一瞬にして資金を溶かしてしまい修復不可能にもなりかねません。
この手の投資は負けてる人、損してる人がいるから儲かる人がいるんです。全員が儲けられたら・・・おかしいですね。

仮想通貨投資→暗号資産投資

仮想通貨という言葉はもはや当たり前の時代になりつつありますが、
実は2020年5月1日→改正金融商品取引法・改正資金決済法によって、仮想通貨→暗号資産に切り替えられています。
暗号資産とはなじゃそれは?みたいな方は個別で仮想通貨とお調べください。たくさん出てきます。
軽く触れると主に、短期間で価値が何倍〜何十倍にもなる可能性がある一方で、市場の変動によって価格が大きく下落するリスクがあります。つい最近もあのビットコインが200万円代から急激に需要が高まり高値で680万円を超える暗号資産になりましたが、その後に大きく下落し現在、2021年6月には,415万円ほどまで急激に下落してます

このように元々の金額よりも高くはなっていますが、仮想通貨という言葉が有名になった頃に始められている方は大打撃を受けています。大きく稼ぐにはもってこいの投資になりますが、その反面リスクも大きくなりますので注意が必要ですね💧

草コイン投資

暗号資産の卵と呼ばれる草コイン、上場はしているので売買が可能であり、現在の価値がものすごく低い(中には1円ないもの)ので、爆益を期待して購入する方が増えています。しかし上場したばかりのコインは安定性がなく、いつ非上場になり、売買ができなくなる可能性もありますし、いつ高騰するのか検討もつきません。
とにかく正しい情報のもと購入することができれば、負け組だった人でも飛躍的に勝ち組へと変貌することも可能な投資でしょう。広く浅く余剰資金で購入していくのはいいと思いますが、宝くじのように当たればラッキー程度で購入しないと痛い目に遭いますので注意が必要です。

不動産投資

物件の価値が上がることを予想して利益を出すため、土地やアパートなどに投資をする方法です。テレビでも最近不動産投資についてなど特集をたまにやっているをみますが、知らない方に軽く触れます。
例として、物件価値が上がることを期待して不動産を購入し、価値が上がったときに売却して利益を得ること。
アパートやマンションを購入した不動産を人に貸して家賃収入を得ることもできます。
注意点として、物件が購入時より高くなるには情報収集がある程度必須になります。例えば都心化する、新幹線が開通するなど路線価が上がる見込みのある物件を購入しないといけませんし、購入額が高額になりがちなので、すでに土地を持っている。相続で土地が余った。このような人が投資として運用することが多い投資になります。

また余談ですが、余っている土地の所有者は、その土地にアパート、マンションを立てることにより、相続税が実際には莫大にかかる可能性がある方でも、物件を所有することで建物に対して借地借家権というものが発生するため相続税を抑えられる効果が見込めます。同様に物件を購入する時に土地を担保にして借用して購入すれば、さらに借金分減額されます。

大手の企業からアパートを購入して、家賃収入を得ようとする方は大体、一部屋で1000万円の購入費がかかること。
借用してると最初の10年は1部屋4〜5万円ほどしか収入にならず、年々家賃が低くなりますので収入は落ち込む傾向です。

なので相続税のためにアパートを建てる人はあとを経ちませんが、前者である物件のそのものの価値が上がると思われて購入する方がお勧めですが、情報がないとリスクでしかありません。

上場投資信託

ETFと呼ばれることもあります、略式名称は「Exchange Traded Funds」です。
特徴として証券取引所に非上場の銘柄は対象外になるため、勝負できる銘柄が少ないというのが特徴です。

GOLD(金)投資

金は年々高騰しています。グラム単位で購入、売買ができるためお勧めですが資金力がないと手数料なども引かれるためあまり大きく稼ぐ投資とは言えないのがデメリットになります。
また年々、価値が上昇傾向にあるために、売るタイミングが難しいのも難点であります。資金に十分な余剰資金がある方は、購入しておいて資産にして、余剰資金がなくなってきたところで売る分にはかなりお勧めの投資になります。

株式投資

企業が資金調達のため事業計画などを公にして出資者を募り、出資して頂いた投資家に対してその証明として株式を発行します、その株式を売買し、その差額利益を期待する投資方法です。株価は、各投資家の売買状況(需要と供給)だけでなく企業の業績や景気状況、などの影響を受けて常に変動しています。また土日は変動しません。

主に変動する時間は平日の朝9時から11時30分までの前場と12時30分から15時までの後場になります。

株式の現物取引では、自分が投資した金額以上の損はしないのがメリットです。余剰資金で行うことや、少額の投資とすることでリスクを低くすることが可能ですが最低100株以上購入しないと取引できません。企業によって株の持ち数に違いがありますが株式を売らずに保持しておくことで、配当や株主優待などのインカムゲインを期待することもできます。
よくある株主優待権とかあれも該当します。
主にこのブログでは株式投資についてのコラムを書いていきますので他のコラムもご覧になり色々と学ぶ機会になれば幸いです。

その他、SNSで投資的なお誘いなども最近では多く見受けます。そちらのコラムは

           ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓