クワドラント

クワドラント

一度は聞いたことはあるだろうか?「金持ち父さん・貧乏父さん」の話を知ってる人は見たことある図だと思う。

このブログを見ている人はこの丸で囲った部分以外の人たちだと思います。

投資とは?

投資とはギャンブル?それとも資産?という話題にもなるだろう。しかしこの答えは投資は資産になるが正解だとブログ主は思います。

理由

株式投資。不動産投資などであれば投資は資産、自己投資なんかも資産になると考えます。投資をして全く価値のなくなるようなものに投資してしまえばそれはギャンブルになると思います。例えば価値がわからない仮想通貨投資についてもいつ価値がなくなるか分かりません。ビットコインなら資産になるというのは大きな間違いだと思います。
ビットコインですら、大規模な下落が発生し多くの投資家が大打撃を受けています。

金持ち父さん・貧乏父さん

これはネットワークビジネス、いわゆるマルチ商法なんかのセミナーとかでよく出される題材でユーチューブなんかでも調べたら腐るほどあります。決してファンでもなんでもないんですが、家は負債、投資は資産。これは確かになーと思います。家は資産だというが消耗品になります。資産だと思う人も不正解ではないとは思いますが。個人的には負債になるなーと思います。

投資家になるには?

会社員をしながら投資家になることだってできます。ただやっていい事、株や仮想通貨の投資で初心者がこれやったら失敗するというようなことも今ではデータ化されてます。FXに関してはトレーダーでもない限り遊び程度でやらないと痛い目に遭うのがオチなので気をつけないといけません。

初心者がやってはいけない投資法

投資とはあくまで、余剰資金で!

会社員でよくある失敗例ですが、投資とは長く見据えて投資をしないと失敗する傾向があります。我慢も忍耐も必要になります。会社の業績などを把握した上での投資になりますから、ある程度資金力と継続的に投資し続けれるだけの資金力に見合う銘柄を選ぶ必要があります。そこでよくあるのが余剰資金が少ないのに株に手を出してしまい、追っかけて投資をしてしまう結果になり、結局余剰資金だけでは追いつかないなんてこともよくあります。

あくまで冷静に余剰資金が底をついたらロスカットができないような銘柄はやめておきましょう。

損切り

ロスカットと出しましたが、初心者の方はどこがロスカットなのかが判断がつきません。思うように株価が上がらず下がってしまうとそこで損切りができるのか、ずるずる先延ばしになり、さらに損失を出してしまうのか?
ここの判断ができないと厳しい傾向にあります。

1銘柄に拘る

他のコラムでも触れてますが、1銘柄のみでの投資法はよくありません。最低3つほど株式投資だけでいくのであれば分散方式を取るべきです。分散できるかどうかである程度リスクは抑えられますが適当に銘柄を選んでるレベルであれば1銘柄で遊び程度の余剰資金でやるべきでしょう。

よくを出して結局損をする

チャートの分析などをしながらいつが売りなのか?買いなのか?を把握する必要があります。確か昔元TOKIOの長瀬智也が株投資のドラマやってたと思います。そこでも同じことが描かれてましたよね。
たい焼きの頭と尻尾はいらないと・・・

中間で売り買いができるのが一番売却益が出るようです。

人に勧められて購入する

人に勧められるのは悪いことではありません、しかし投資とは自分で投資先を決めるものであり、自分で下調べをしなくてはいけません、人に聞いて買うだけであればギャンブルと同じになってしまいます。最近この銘柄よく聞くからというだけで購入すると痛い目に遭いますので気をつけましょう。

株式投資をギャンブルだと感じる

例えば直感で買うなどなんとなくやってる、千円単位からできるから買うみたいな感覚だと長い目で見れば大損するかもしれません。どんな状況であっても情報は必ず調べてから購入するようにしましょう。